DHT抑制?男性ホルモン?血行促進?薄毛の進行を止めるには

2つの薄毛のパターン

 

男性が薄毛に悩む場合、その薄毛という症状は同じでも実際には大きく分けて2つのパターンがあります。それがAGAという男性ホルモンの活性化が原因となって発生する薄毛のパターンとAGA以外が原因となって発生する薄毛のパターンになります。

AGAという男性によくみられる薄毛症状は20代後半から30代にかけて発生することが多く、その原因は男性ホルモンの働きが異常に活発化したことによるといわれています。男性ホルモンの働きが活発化すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が大量に体内に発生することになります。

このDHTという物質が毛乳頭細胞と呼ばれる細胞と結合することにより発生するのがAGAと呼ばれる薄毛の症状になります。毛乳頭細胞という細胞は髪の毛を作る毛母細胞と呼ばれる細胞に髪の毛の生成に必要な栄養分を供給するという役割を果たしています。

しかし、毛乳頭細胞がDHTと結合することにより、毛乳頭細胞は毛母細胞に十分に栄養分を供給することができなくなります。その結果として十分に成長しきっていない髪の毛が生えてくるようになり、このような成長が不十分な髪の毛は普通の髪の毛よりも早いサイクルで抜けてしまいます。

また、髪の毛が速いサイクルで抜けることにより、さらに成長が不十分な髪の毛が生えてくるという悪循環が繰り返されます。結果として、抜け毛が増えて薄毛の症状が進行するというのがAGAになります。

一方、AGA以外が原因となって薄毛の症状が発生する場合もあります。このような薄毛の症状はストレスが原因になっている場合や栄養の偏りや夜型生活の影響といったような生活習慣の乱れが原因になっていることがほとんどです。

2つの薄毛のパターンにおける育毛対策

 

さて、上記で述べたように薄毛の原因には2つのパターンがあります。それぞれのパターンに応じて育毛の方法というのも異なってきます。

まず、AGAが原因となって発生している薄毛の症状についてですが、このようなAGAによる薄毛の症状を改善するのであれば、AGA治療専門のクリニックを受診して治療を受けるのが一番良い方法になります。

AGA治療専門のクリニックを受診すると、AGAの原因となっている男性ホルモンの働きを抑制する効果のある育毛剤を処方してもらうことが可能になります。このような育毛剤を利用することがAGAによる薄毛の症状の改善には効果的になります。

ただ、AGAクリニックでの治療には費用がかかります。そのため、どうしてもその費用を捻出するのが難しいという人は市販の育毛剤を使って育毛対策を行うのも良いでしょう。ただし、育毛剤に含まれている成分の中には副作用が報告されているものも存在します。

このような副作用には十分気を付けて使用するようにしましょう。また、そういった副作用の存在が心配であれば、やはりAGA治療専門のクリニックを受診するのが良いでしょう。

次にAGA以外が原因となって発生している薄毛の症状についてです。AGA以外が原因となって発生している薄毛症状であれば十分に自分自身で育毛対策を行うことが可能になります。要は薄毛の原因となっていると考えられる要因を取り除いてしまえば良いのです。

例えば、ストレスが原因になっている場合にはストレス解消のための運動を行うといったような対策が考えられます。また、栄養の偏りが原因になっている場合には大豆、魚類、野菜といったような髪の毛を作るのに必要な亜鉛やビタミンなどの栄養分を豊富に含んでいる食材を意識的に食生活に取り入れるようにしましょう。

また、生活の乱れも薄毛の原因になるので、しっかりと朝型の生活に生活パターンを見直すようにしましょう。このような対策をするだけでも薄毛の症状を改善させることができます。

上記で述べたように薄毛には2つのパターンがあります。それぞれのパターンに応じて効果的な育毛対策を行っていきましょう。

こちらのコラムも人気です!