副作用のないAGA治療のための注意点

薄毛治療のメリットばかりを見ていませんか?

 

AGAクリニックで本格的な薄毛治療を受けることが出来れば、AGAというのはかなり高い確率で克服することができます。食生活の改善によるアプローチやサプリメントの摂取によるアプローチ、あるいは育毛剤を使ったスタンダードなアプローチなど、様々な方法で克服することが可能です。

しかし、このようなメリットばかりを見ているのは危険です。時には副作用がおきてしまうこともあります。一体どのような副作用が考えられるのか?それを把握しておくと、より安全にAGA治療を受けることができるでしょう。

主に考えられるのは、プロペシアとミノキシジルによる副作用

 

プロペシアとミノキシジルは、AGA治療をする時に絶対に欠かすことができない成分です。これが発毛促進に影響を与えてくれるのですが、副作用としてデメリットになってしまう場合もあります。まずはプロペシアの副作用について説明してみましょう。

プロペシアの副作用について

・ 女性は絶対に摂取禁止

AGAというのは、ごくまれに女性が発症してしまう場合もあります。もしも専門のクリニックで女性がAGA治療を受ける場合には、プロペシアの処方は基本的にはないはずです。

では、女性がどういう時にプロペシアを使ってしまうかと言うと、セルフケアで取り組んでいる場合です。女性がプロペシアを服用するとホルモンバランスが崩れてしまいます。そのまま妊娠してしまうと胎児が障害を持ってしまうなどのリスクが考えられます。

・勃起機能不全

プロペシアの服用が体質に合わない場合は、勃起機能不全になることがあります。同時に性欲が弱くなるという副作用もあり、子供を作ろうと思っている時期にはデメリットになるでしょう。しかし、これは一時的なものです。プロペシアの服用をストップすれば元に戻るので、そこまでシビアになる必要はありません。

ミノキシジルの副作用について

それでは今度はミノキシジルの副作用についてみてみましょう。

・循環器系や血圧に影響

ミノキシジルというのは、血液の循環をサポートしてくれる成分です。これを取り入れることにより、頭皮の血液循環をスムーズにさせます。そして発毛を促進させようとするものなのですが、心臓をはじめとした循環器系に持病を持っている人は危険です。ミノキシジルを処方される前に、カウンセリングの時点で必ず報告するようにしてください。

・初期脱毛

ミノキシジルが効きすぎると、発毛のサイクルが急に早まってしまうことがあります。すると初期脱毛が見られるケースがありますが、これは正常にミノキシジルが機能している証拠ですから焦る必要はありません。あくまでも一時的なものです。心配ならばすぐにクリニックに相談してください。

・体毛が濃くなる

ミノキシジルを飲み薬として利用している場合は、頭髪だけではなく身体全体に影響を及ぼす場合があります。そうすると、頭髪だけではなく体毛も生えてくるのです。

ただ、これも副作用と呼ぶほど身体に害を与えるものではありませんので、特に心配する必要はないでしょう。ミノキシジルの効果は個人差がありますから、頭髪が生えてくるようになっても、体毛が生えてこないという人も存在しています。

副作用が起こる可能性はわずか1% 未満

いくつかの副作用をピックアップしてみましたが、副作用が起こる可能性はそこまで高いものではありません。実際は全体の約1%未満となっています。基本的には長引くような副作用ではありませんので、すぐに薬の服用をやめれば大丈夫です。

副作用らしき前兆が少しでも感じられた時には、必ずかかりつけのクリニックにすぐに相談するようにしてください。そうすれば症状がひどくならないうちに適切なサポートをしてくれますよ。副作用と上手に付き合っていくためには、費用があまりにも安いクリニックは避けた方が無難です。

こちらのコラムも人気です!