M字・生え際・頭頂部|タイプ別に薄毛は原因が違う

男性のAGAによる薄毛の症状別原因と対策

 

男性特有の生え際・M字禿げ

男性の禿げかたの特徴として、額の生え際からM字に食い込むように薄毛になっていくものがあります。いわゆるM字禿げです。元々そう髪の量が多くないおでこの左右サイドが後退していき、額がだんだんと広くなります。この禿げかたはAGA特有のもので、女性の場合にはほぼ見られない症状です。

男性ホルモンのレセプターと呼ばれる受け口が男性ホルモンを誘導してしまうことで、これが5αリダクターゼと結びつくとその部分が禿げてしまいます。このレセプターの数が頭部の部位によって違ってくるのですが、その量が多いのが生え際で、ここで生成されたジヒドロテストステロンがどんどん薄毛を進行させていってしまいます。

レセプターの量は遺伝的な要因も大きいのですが、さらにコレステロールや脂肪分過多の食事を摂っていると血液循環が悪化してしまい、ジヒドロテストステロンの生成率が上がるとされています。他にも喫煙による血行不良や睡眠不足による成長ホルモンの分泌不足も悪影響です。

対策としては

・血行促進効果のある育毛剤の使用

・亜鉛を含んだ食事

・規則正しい生活

などが挙げられます。

頭頂部から薄くなるO型禿げ

M字禿げ同様に男性に多く見られるO型禿げは、頭頂部からどんどん薄毛が広がっていきます。欧米人にもよく見られるタイプの症状で、典型的なAGAの禿げかたの一つです。頭頂部も生え際同様に男性ホルモンレセプターが多くある部位で、遺伝的な要因や生活習慣によってどんどん進行していってしまいます。

特に汚れやすい部位であることもあり、皮脂の分泌過多による毛穴詰まりも発毛を阻害してしまうのが問題です。O型禿げは気がついた段階でかなりAGAが進行してしまっている状態ですので、育毛効果の高いミノキシジルによる血管拡張や毛母細胞の分裂促進で対策をしていくのが効果的です。

重症化するとU字型に禿げる

AGAの症状が深刻になると、生え際が後退し頭頂部も髪の毛がなくなってしまうU字禿げになります。サイドと後頭部のみにしか髪の毛がなくなった状態です。ここまで進行してしまうと、積極的にAGA治療に臨まなければ元の状態に戻すことが難しくなってきます。

U字禿げになる原因は、M字禿げとO型禿げに対して長い間適切な薄毛対策を怠ってきてしまった結果であることがほとんどです。元々額が広ければM字禿げに進行していきやすいのですが、生え際の薄毛は育毛剤の使用や生活習慣の改善によってかなりの確率で髪の状態が回復します。O型禿げも同様に進行を遅らせることが可能です。

U字型禿げの対策をするのであれば、ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分の使用を欠かすことはできません。併用することで脱毛抑制と発毛促進を同時に行っていきたいところです。また、費用こそかかってしまいますが、副作用の心配がなく、より効果の高い育毛メソセラピーやHRAG治療なども検討していくことを前向きに考えていったほうがいいでしょう。

原因を知ることの必要性

 

薄毛になってしまう要因は一つではない

禿げてしまう原因は個人個人で異なります。同じ禿げかたであっても遺伝的な要因が強く、人よりも多く5αリダクターゼを持っていることで禿げる危険性が高い人もいますし、不規則な生活習慣によって薄毛を進行させてしまっている人もいます。食生活が乱れてしまっていることで抜け毛の量を増やしている人も少なくありません。

大切なのは、原因を探ってそれを取り除き、回復させるための対策を行うことです。そのためにもクリニックで専門家による診察を受け、適切な治療を行っていくことが必要不可欠になります。

こちらのコラムも人気です!