AGA治療の最終手段!自毛植毛FUT法とFUE法の違い

メスを使う植毛・FUT法

 

世界的に行われている主流の植毛技術

AGAによる薄毛に悩んでいるかたは育毛剤や内服薬の服用などさまざまな方法で治療を行っています。それでも改善が見られない場合の最終手段として取り入れられているのが、毛が生えている自分の頭皮を薄毛になった部位に直接移植する自毛植毛です。

FUT法はメスを使って皮膚ごとドナー髪となるものを毛根ごと採取し、その髪を1株ずつに切り分けて禿げてしまった部分に植毛するという流れで行われます。世界で最も行われている植毛技術で、生着率が95%以上を誇るものです。

自然な仕上がりになる

FUT法で行われた植毛は、髪の密度が高くなり施術が行われたことがわかりにくい仕上がりになります。カウンセリングで事前に決めておいたデザインに沿った形で、髪の流れが自然になるように計算しながら医師が植毛していきますので高いクオリティになるのです。メスを使うことで一度に大量のドナーを摂取できるのも特徴で、薄毛が広範囲に及んでしまう場合にも密度の高い移植が可能になります。

ドナー採取した箇所は傷が残りやすい

治療を行うためにメスを使用するので、ドナー採取した部位は縫合部がつっぱってしまったり、麻酔が切れたあとはしばらく痛みが残ることがあります。また、切った痕も残ってしまうのがデメリットです。当然完治までにもある程度時間がかかります。

FUT法のメリットデメリットまとめ

FUT法を選ぶメリットは

・術後の定着率の高さ

・自然な仕上がりになり密度の高い植毛が可能

・広範囲の薄毛に対応できる

ことです。

・メスを使うために傷が大きく残りやすくなる

・痛みなどの副作用も出やすい

というデメリットもありますが、東洋人の場合は欧米人よりも毛根が長いため、FUT法に向いているとされています。施術範囲が広範囲になる場合にもFUT法が効果的です。

メスを使わない植毛・FUE法

 

ストレスが軽い切らない植毛

メスを使うFUT法とは違い、FUE法は吸引パンチという細いチューブを使って毛包をくりぬいて移植をしていく植毛技術です。ドナー採取する傷口が小さいため傷が残りにくく、縫合の必要もありません。

AGAに悩まされ植毛を考えていても、頭皮にメスを入れることに躊躇しているというかたはストレスを軽くし施術を受けられますし、頭皮が硬くてFUT法の治療が無理なかたでもFUE法なら植毛することができます。また、生着率を上げるために必要なドナー採取からのスピーディな移植も可能です。

術後にすぐ日常生活に戻ることができる

FUE法は傷口が小さいこともあり、身体への負担がかかりません。そのため植毛を行ったあとも2、3日もすれば日常生活に戻ることができます。

ドナーロスが発生しやすい

パンチによってドナー採取を行うため毛根が途中で切断されてしまいやすく、せっかく採取をしてもドナーとして使えなくなることが多くなってしまいます。

ポイント植毛の場合にはそれほど問題になりませんが、多めに植毛をしたい場合にはそれだけドナーが必要になりますし、無駄になってしまう量が増えてしまうため広範囲の植毛には向いていない方法です。

治療を受けることができるクリニックが少ない

FUE法で植毛ができるAGA専門クリニックは数が少なく、住んでいるところによっては実施していう病院を見つけにくくなってしまうのがデメリットです。施術自体はすぐに終わりますが、術後経過のためにしばらく通院が必要になりますから、地方に人にとっては難しい選択になることは否めません。

FUE法のメリットデメリットまとめ

FUE法を選ぶメリットは

・メスを使わないストレスフリーな植毛

・頭皮が硬くFUT法で治療できない人も植毛できる

・傷が小さくすぐに日常生活に戻ることが可能

・広範囲の薄毛に対応できる

ことです。

・ドナーロスが発生しやすく広範囲の施術に向かない

・治療を受けられるクリニックが少ない

点はデメリットですが、薄毛の範囲が狭くポイント植毛を希望する場合に向いています。生着率はFUT法よりも劣り費用も高くなりますが、痒みや痛みなどの副作用が発生しにくい治療法です。

こちらのコラムも人気です!