ヘアサイクルを乱す原因とは?薄毛の原因で対処法が変わる!

薄毛に繋がるヘアサイクルの乱れとは!

 

AGAとは男性型脱毛症のことで、AGAを発症するとヘアサイクルが乱れてしまい、脱毛が進行して薄毛になってしまうのです。髪の毛というものは、それぞれ1本ごとに髪が伸びる成長期、髪が抜け落ちてしまう退行期、髪が生える準備をする休止期というヘアサイクルを繰り返しています。

このヘアサイクルの成長期に髪を育てる毛包の成長が不十分であれば細くて弱い髪の毛となり、しっかり成長できないうちに髪の毛が抜け落ちてしまうのです。このヘアサイクルが乱れてしまう原因には、さまざまなことが考えられます。

男性ホルモン

AGAを引き起こす要因の一つとして、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が関わっています。テストステロンは、5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変換されてしまいます。

そして、このジヒドロテストステロンは、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体と結びつくことで、正常なヘアサイクルを狂わせてしまうように働くのです。

遺伝

脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが作られるためには、テストステロンが5αリダクターゼと結びつく必要がありますが、この5αリダクターゼの分泌量というものは、遺伝によるものなのです。

親からの遺伝により5αリダクターゼの分泌量や感受性が決まってしまい、分泌量が多くて感受性が強ければ、抜け毛や薄毛になりやすい体質といえるでしょう。

ストレス

ストレスが溜まってしまうと自律神経が緊張し、血管が収縮してしまうため頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなってしまうと、毛母細胞への栄養が十分に行き届かなくなります。髪の成長に必要な栄養が届かない状態が続いてしまうと、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

食事

日頃から、脂分や塩分、糖分を多く含む食べ物を摂り過ぎていると、髪の成長に良いとは言えません。また、髪の主成分であるタンパク質が不足してしまうと、髪の毛はどんどん細く弱くなってしまいます。

タンパク質を髪に合成するために必要なミネラルやビタミンなどが不足してしまうと、髪の成長がスムーズに促されず、抜け毛や薄毛に繋がります。髪の健やかな成長のためには、いろいろな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

生活習慣

睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れも、薄毛や抜け毛の原因になります。特に、睡眠のゴールデンタイムといわれる22時〜翌2時の間は、眠っている状態であることが大切です。そして、運動不足も全身の血行が悪くなってしまうので、頭皮に十分な栄養素が行き届かず、ヘアサイクルが乱れる原因となります。

薄毛の原因によって変わる対処法!

 

ヘアサイクルが乱れる原因によって、その対処方法もそれぞれ変わってきます。偏った食事による髪に必要な栄養素が不足している場合には、バランスの良い食生活の改善が必要です。また、睡眠不足が続いている場合は、十分な睡眠を取るようにしたり、ストレスが溜まっている場合は、運動して発散したり、リフレッシュする必要があります。

しかしながら、自分でこのような薄毛の原因を見つけ、それぞれの対処方法を選択するのはとても難しいことです。そのため、AGAクリニックにて、専門医による診断を受けてみるのがオススメです。AGAクリニックでは、薄毛の原因を解明し、その人に合った効果的な治療を受けることが可能です。

もし、男性ホルモンや遺伝が原因の場合は、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する治療などがあります。治療に必要な費用や治療薬の効果、副作用などについては、事前の無料カウンセリングで説明を受けることができます。

このような治療を受けることで薄毛の改善ができ、発毛や育毛に繋げることができるのです。

こちらのコラムも人気です!