頭頂部の薄毛は生活習慣が主な原因だった!?

頭頂部の薄毛について

 

頭頂部の薄毛は、額の生え際などと違い、自分ではなかなか気付きにくい部分です。そして、ある日突然頭頂部が薄くなっていることに気付き、驚いてしまうこともあるのです。頭頂部が薄くなる原因は何なのでしょうか。頭頂部の薄毛に気付いた場合、すぐに始めるべき対処法があります。

頭頂部の薄毛の原因とは?

頭頂部の薄毛の原因には、男性型脱毛症であるAGAや生活習慣などによる頭皮環境の悪さなどがあります。そして、この頭頂部の薄毛の原因は、額の生え際の後退の場合と比べると、遺伝などより生活習慣の影響が大きいといわれています。

なぜなら、生え際の後退の原因となっている2型の5αリダクターゼは頭頂部にもありますが、その量は生え際よりも少ないからです。特に、家系に薄毛の人がいないという場合には、普段の生活習慣によって頭皮環境が悪くなっており、薄毛に繋がっている可能性があります。生活習慣による頭皮環境の悪さが、抜け毛や薄毛に繋がっているのです。

頭皮環境が悪くなる生活習慣の要因とは?

 

男性ホルモンや遺伝の影響だけではなく、生活習慣によって頭皮環境が悪化することも薄毛の原因となります。普段の生活習慣が、実は頭皮環境を悪化させている場合があります。それを防ぐためには、頭皮の健康を意識した生活をする必要があります。

ストレス

ストレスは、血管を収縮させ、頭皮の血行も悪くしてしまいます。頭皮の血行が悪くなると毛根への栄養が十分に行き届かなくなり、薄毛に繋がります。

睡眠不足

髪は、成長ホルモンが分泌される睡眠中に最も成長するため、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。成長ホルモンの分泌量が減少すると、髪の成長が止まり、薄毛に繋がります。

暴飲暴食

暴飲暴食すると、胃が多くの食べ物を消化させようとエネルギーを使うことになります。胃に入ってきた大量の食べ物は、量が多すぎると消化しきれず、むしろ栄養が体に回らなくなってしまいます。

栄養というものは、生命活動に必要な心臓や臓器から優先されるため、髪に必要な栄養が頭皮にまで行き渡らなくなり、薄毛に繋がるのです。

運動不足

運動不足になると、全身の血行不良を招きます。全身の血行が悪くなると頭皮の血行も悪くなるため、毛根に栄養が行き届かなくなり薄毛へと繋がります。

喫煙

喫煙は血管を収縮させ、血行を悪くします。血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き届かなくなり、薄毛に繋がります。

日焼け

頭頂部は、最も紫外線の影響を受けやすい場所です。そのため、紫外線の影響を受けると頭皮が硬くなったり、炎症を起こしたりしてしまい、頭皮環境が悪くなります。

ヘアケア

毎日刺激の強すぎるシャンプー剤で洗髪していると、頭皮に必要な皮脂までをすべて洗い流してしまいます。また、整髪料やパーマ、ヘアカラーなどもやり過ぎてしまうと、頭皮を痛め、頭皮環境の悪化に繋がります。

このように、普段の生活習慣が頭皮環境を悪化させている場合があり、頭頂部の薄毛が気になりだした場合には、すぐに薄毛対策を始めなければ手遅れになる可能性があります。

そして、まずはAGAクリニックで診断を受けてみることをオススメします。AGAクリニックでは、その人に合った効果的な治療を受けることができます。また、事前のカウンセリングで、費用についての説明もあり、費用の相談をすることもできます。

そして、AGAに効果的な育毛に繋がる内服薬や外用薬を継続して使用することで、髪の毛の状態が目に見えて変わってきます。万が一、副作用などが出た場合には、適切な処置をしてもらうことができます。これらの治療薬を使いながら、毎日の生活習慣を改善することにより、髪の毛にとって良い影響を与えるのです。

こちらのコラムも人気です!